Menu Menu
img

img

休診日・夜間の緊急時はこちら

ちゃんと診る。
きみを、看る。

出会ったときの感動も
ともに歩む喜びも
いのちが揺れる、その怖さも
向き合うことの、心細さも

きみを見送るそのときも

あなたと、ともに
つきの木のたもとで

当院は、
確かなプライマリケアを提供する
地域のかかりつけ動物病院です。

病院概要

名   称
つきの木どうぶつ診療所
(旧 馬場動物病院)←閉院のお知らせ
住   所
〒227-0047
神奈川県横浜市青葉区みたけ台28-1
電   話
045-973-0905
診療時間
午前 9:00~12:00(受付終了11:30)
午後16:00~19:00(受付終了18:30)
受付は終了の30分前
休 診 日
金曜・日曜・祝日午後
診療時間
午前9:00~12:00
午前16:00~19:00
診療科目
一般内科
皮膚科
一般外科
※手術内容により専門医の招聘や
 二次診療機関との連携により対応します。 >つきの木とつながる専門家
診療対象
犬・猫
当院で
予防(各種ワクチン、フィラリア症予防)
できること
健康診断(血液検査、レントゲン、エコー)
(一例)
トリミング
ペットホテル
アクセス
東急田園都市線『藤が丘』駅より
東急バス「青01青葉台駅行」
「みたけ台小学校第二バス停」より
徒歩約1分
駐車場
3台(病院奥にあります)
病院概要

お知らせ

2024.06.05
歯科治療強化期間! どうぶつでも長寿になるにつれ、お口の健康はQOLを左右する重要な要素になってきています。 麻酔下で行う歯科治療のきっかけになるよう、割引キャンペーンを行います。 さらに、当院にカルテがある方にはクーポンつきのおハガキが順次届きます。 またはLINEお友達登録をされている方にも同じクーポンが届きますのでぜひご利用ください。 料金・注意事項はリンクを参照してください。
2024dental-campaign.pdf
2024.06.03
トリミング20%オフクーポンを配布しております! 無期限でどうぶつ1頭につき1回使えますのでこれを機会にご利用ください。 おハガキまたはLINEお友達になっていただけると入手できます! なお注意点や利用規約につきまして、リンクから注意点をご確認いただけますようお願いいたします。
trimming-information.pdf
2024.02.18
当院では、初診45分、再診20分を想定して予約診療を行っています。
ただし、具合が悪い時などで予約が取れない場合にはご相談ください。
できる限り即日中に診療します。
また、そのような重症の方や急患の方が発生すると、他の方をお待たせしてしまう場合もございます。
どうぞご了承ください。

診療カレンダー

  • 今月の診療カレンダー
  • 今月の診療カレンダー

当院の
獣医師・看護師

  • 土志田 綾子(どしだ あやこ)

    院長/獣医師 土志田 綾子 (どしだ あやこ)

    横浜市獣医師会 所属
    獣医皮膚科学会 所属
    麻布大学獣医学科(2012年 卒)

    [主な経歴]

    • 横浜市内動物病院
    • 皮膚科専門医のもとで研修
    • ペテモどうぶつ医療センター相模原
      皮膚科診療に従事
    >獣医師 土志田の想い
    (わたしたちの想い)
  • 土志田 綾子(どしだ あやこ)

    愛玩動物看護師/トリマー 稲石 奈保子 (いないし なおこ)

    国家資格 愛玩動物看護師所有
    ヤマザキ動物専門学校卒(2003年)
    CATvocate認定プログラム終了

    [主な経歴]

    動物看護師歴19年、トリマー歴19年
    総合診療を行う動物病院にて研鑽を積み、看護師兼トリマーとして多くの診療に携わる他、数年に渡り看護師長も経験。
    >看護師 稲石の想い
    (わたしたちの想い)

当院が提供する
確かなプライマリケア

患者さんのすぐ近くにある。
なんでも相談できる総合的な医療を
プライマリケアといいます。

その中心的な役割を担う医療機関が
「かかりつけ病院(一次診療)」です。

─ あらゆる病気に対する幅広い診断、
治療技術 ─
─ 専門診療やヘルスサービスと
  スムーズにつながるネットワーク ─

かかりつけ病院のもつその特徴が
病気だけでなく
「患者をまるごと診る医療」には
不可欠な存在であると
再認識されています。

プライマリケアの定義

動物医療も変わる

動物医療において、
病院の大型化や専門分野の細分化が進んでいます。
特に、ここ神奈川には、優れた技術を持った獣医師と
高度な設備をそなえた病院が多くあります。
かつて動物病院は「すべてを1ヶ所で解決させること」
が求められていましたが、
その必要性はなくなりました。

では、大きな動物病院、専門診療だけで
「この子」をまるごとケアできるのでしょうか?

プライマリケア
私たちの役割

臓器や病気を専門とする
大きな病院では担えない、
「総合的な診療」をするのが
私たちの役割です。
①ちゃんと診る。
多くの病気や問題に、新しく確かな情報と経験をもって応えます。
そのために研修や学会参加をつづけ、前に進み続けます。
必要なときに必要な専門医療をちゃんと選択できるよう、
動物医療全体を見渡して、
あなたの想いに応えられる医療を一緒に考えます。
専門治療がひと段落したら、シームレスにその続きを担います。
②きみを看る。

・食の細い子で食事に苦労している。
・どうしても足からの採血は嫌がる。
・あの病気をしてから薬をずっと飲んでいる。
・今は人間の家族も大変なとき。
・介護、してあげたいけど、仕事もあるし、ちょっとしんどい。
「犬」じゃなく「猫」じゃなく「きみ」を看る看護がしたいと思っています。
ともに歩んだ長い歴史は簡単には説明できないから、
いつも同じ獣医師、同じ看護師が待っています。

いつか必ず年をとり、病気を抱えれば日常も変わるでしょう。
デイケアやメディカルトリミングでその日常を支えます。
子犬や子猫のお迎え前にもぜひ相談に来てください。
しつけや介護のプロも紹介できます。

別れのその日まで、「きみ」をあなたと看守ります。